タイフーンレザーの下を履きたい。
あのツルツルした素材感たっぷりの短パン生足でアストルティアを走りたい!……ってヘンタイみたいですが、とりあえずタイフーンレザーに憧れてたんです。
しかし敵は75レベ装備。安くても星なしでも20万超というこれを、果たしてドレスアップなんかに使っていいのか!?一体何にドレスアップすればつりあうの!?って思いつつ獅子門でバザーを眺めていたんですが、見ていたら「裁縫職人さんが失敗した星なしタイフーンレザーを最安値よりちょい下で3点ほど続けざまに出品する瞬間」に立ち会ってしまいました。
気づいたら、私の装備品には星なしタイフーンレザーがありましたことよ。ほーほほほほ(高笑い)

買ってしまったものはしょうがない。しかたがないのでいそいそとメギストリスに走りこんだものの、さすがに値段が値段なので「とりあえずドレスアップ画面で『こんなふうになるけどどうだい?』と言われるのを見て、おかしければドレスアップやめて再出品しちゃおう」作戦を決行。
この時、荷物の中にドレスアップ無料券が入っていたのがそもそもの間違いなんですけどね。

ドレスアップするならゴシックに合わせる予定だったので、魔法戦士でポポルの前に立ちはだかり、耐性用のきじゅつし下を履いて早速ドレスアッププレビュー。
↑これの下がタイフーンレザーになる感じです。

プレビューした私の印象は「(。-`ω-)ンー、なんか違う・・・」

イメージしてたのはこんなんなんだけど、何かがちょっと違う。胸の大きさの問題か?
いつもなら「まあいいや」ってポチッとしてしまうところだけれども、貧乏人が大枚はたいて買ったタイフーンなので、そういうわけにはいきません。
ココは慎重に、今日のところはやめておこう。
ポチッとな。

ポポル「わかったぜ。ドレスアップするから見てな!(←イメージ)」
かんぱち「!?」

右手の人差指でZRキャンセルボタンを押さなければいけないところ、何を血迷ったか左手の人差し指が動いた私。
そこにあったのはLボタン。
コーヒー飲みながら片手で乱獲する時のために、Lボタンを決定ボタンに設定している私。

ポポル「ドレスアップは成功だ。やはりドレスアップは素晴らしい」
かんぱち「……」

無意味に長くなりましたがまあそんなわけで、購入価格の3倍ぐらいの価値を持つきじゅつし下ができてしまったわけですよ。
こうなったらもう使うしかない。
というわけで、先日のゴシックセットをちょいちょいいじりました。

ドレスアップ直後。
軽くご乱心しています。
とりあえずレザーの黒が浮きまくっていたので、頭を黒く戻して様子見。

もうちょい調整。
肩紐サイドのフリルを黒に、タイフーンのベルトを赤にして、なんとか馴染んだかな・・・?

頭:ゴシックハット
からだ上:ステージチュチュ(サブカラー2:コアブラック)
からだ下:タイフーンレザー下(ベルト1,2共にレッド)
足:ゴシックニーソ(ハイソックス:レッド)
腕:ゴシックアーム

ゴシックニーソを黒に戻すとか、ステージチュチュのオレンジ部分を黒にするとか、逆にオレンジ部分も赤にして赤一色にするとかも考えたんだけど、あんまり「黒と赤!」になるのもやだなぁと思って、このへんでかんべんし(てもらい)ました。

ちなみに、元々のゴシックセットはこんな感じに。
頭を黒く戻したので、こちらもフレアスカートのレース部分をコアブラックに変更。
赤✕黒ですが、元のゴシックフレアとは配色が逆になってます。こっちのが好きかな。

ちなみにきじゅつし上にはバニーがセットしてあるので、上を変えるとこんな感じ。回魔45のきじゅつしなので、旅芸人やレンジャーあたりはこんなカッコになりますw
せっかくのタイフーンが完全に見えませんけどね!

ちゃんとバニーで揃えるとこう。
並べてみると、ゴシックニーソのほうが微妙にエロい気がするから不思議……


そんなこんなで、ボタンを押し間違えたゆえにブラックリリィやレッドローズをたくさん買わねばならなかったりしてさんざんの散財でしたが、念願のタイフーンレザーが履けたということでよしとします!(`・∀・´)
みんなもボタンの押し間違いには注意しようね!

……さ、またお金貯めよ……
関連記事