世の中新元号の話題で持ちきりですが、年明けくらいから続いていたリアル事情での精神的負担からようやく解放され、今頃になってずっと気になっていたことを調べ始めた魚がおります。
かんぱちです。
20190331-2026_475502748.jpg
コイ食うか?


気になっていたことというのは他でもない、傘枠にあるウィングの位置についてでございます。

うっわ、またマイナーでどうでもいいこと気にしてるなコイツ……とお思いのみなさん、ごめんなさい。


ワタクシ元々、聖守護者のウィングなどは率先してコンプリートし、それぞれのウィングに合わせてドレスアップを作るくらいのウィングフェチであります。
マイコーデ枠はフルに課金しておりますが、その課金枠ほとんどがウィング用のコーデだったときは自分でも軽くヒキましたが、まあ、そのくらいウィングフェチです。
元はといえばウェディ子の傘の持ち方が嫌いで嫌いで、傘を持たずにふんわりジャンプできるウィングという装備にクビッタケになってしまったわけなんですけどね。


それはともかく、では一体何が気になったのかというと……。

キッカケはこちらのツイートです。



ちなみに、ちょうどこの直前くらいに私もツイートしておりまして


それがコチラなんですけどね。
ホントは「ヒレは相変わらずウィングを突き抜けるけど」って書きたかったのを誤字ってるんですけど!('A`)

要するに何を言いたいかというと、ウィングのつく位置が、種族や性別で違うの!?ってことなんですよね。


あ、いま、「うわっ!どうでもいい!」って思いましたね。


ただね、これはちょっとウェディ子でないと分からない悩みなのかもしれないのですが、聖守護者のウィングで特に顕著なんですけどね……
20190210-1128_468423355.jpg
根元のかわいらしい猫のマーク(?)を背ビレが一刀両断!するんです……

背ビレを備えし者の宿命だと思って半分はあきらめておりましたが、同じ背ビレを備えし者であるはずのウェディ男性はこうなっていないという事実が判明したら、そりゃ気になるじゃないですか!
なんでウェディ子だけこの位置なの!?ってw


というわけで、くだらないことを気にしているとは思いつつ、調べることにしたわけです。


ただここで問題になってくるのは、比較対象となる男性の協力者です。
ウィングを付け替えて正面・側面・背面の3枚の写真を撮影するというクソメンドクサイ作業が必要なためできればサブディでやりたかったのですが、残念ながら彼はまだ常闇に挑戦できるようなレベルではなく、聖守護者のウィングなんていつとれるのかわからない状態。
また、聖守護者のウィングをコンプリートしている人自体も周りに多くはなく(いらないって人多いですしね・・・)、なおかつそれだけ面倒をかけておいて記事で使うかどうかも分からないというわがままを言える人なんて……

20190210-1618_468457111.jpg
いたいたwww

20190319-2254_473643867.jpg
ルームの主で元(w)常闇勢、今はガチドレア勢のまみむめモッチに事情を説明して、協力していただきました'`,、('∀`) '`,、



というわけで、まずはウェディ男女で、とりあえず最初に気になったトリニティのウィングにてウィングの位置を比較してみました。
ウェディ子ウィング

イケディウィング

どういう風に比較しようか悩んだのですが、この後、各種族での比較をする際に有効そうな条件を並べてみました。
各種族、各性別で身長が違うため、まずは身長を元にした比率で比較することに。
各種族の身長を100としてみたときの
①首の付け根から腰までの高さ(=上半身のサイズ)
②上半身の始まりからウィングの付け根が開始する高さ
③ウィング自体のサイズ
の比率が画像の中の数字になります。

③のウィングのサイズは、他の種族と比較していただくとよく分かるのですが、意外と各種族で大きさが違ったんです。プクリポの比率が大きいのは最初から察しではありますが、例えば人間大人と人間子供でも結構違ったりするんですよ。それを見てもらいたくてこの数字を出すことにしました。

さて、実際私が気になる部分は②の「ウィングの開始位置」になります。
見てみますと、ウェディ子で「5.5」、ウェディ男では「9.4」という数字が出ています。
つまり、ウェディ男性のほうが、かなりウィングが下の位置についているのです。

Twitterでは、下装備との干渉があったりするのかな……なんて話もしたのですが、サイズを見てみますと、ウェディ子の方が身長に対する上半身の比率が小さいかわりにウィングのサイズも小さめ……ということで、特に位置を調整しないと体下に影響があるかというとそうでもなさそうな。


では他の種族ではどうなのか!?……というのはちょっと長くなりましたのでまた次の記事に。






関連記事